お金や時間をかけずに、暗号通貨ポートフォリオを構築する。

はじめに

暗号への投資を始めるのに、必ずしも不換紙幣を使ったり、銀行口座に接続したりする必要はありません。いくつかのタスクを完了すると、Web3プラットフォームで取引ポートフォリオを構築したり、イーサリアムやビットコインを獲得したりすることもできます。

また、ユーザーは分散型金融プラットフォームやアプリケーションを使って暗号資産を獲得し、お金を支払うことなく、異なる分散型または集中型のウォレットを通じてそれらを保有したり交換したりすることができます。

この案内記事では、どの銀行にも接続せずに暗号取引プロファイルを作成するいくつかの方法について学びます。

ウェブブラウザとの連動

オンチェーン取引やオンラインウォレットのダウンロードは、暗号に関する見識がないユーザーを困惑させるかもしれません。この問題は、暗号プラットフォームと頻繁に対話し、さまざまなテクニックを試すことで解決することができます。最もよく使われる手法の1つは、Web2テクノロジーをWeb3ブラウザーに置き換えることです。

ユーザーは、Googleのプラットフォーム上で広告のために自分のデータを販売することによって、資本を得ることができます。Googleは、検索エンジンやウェブブラウザのプラットフォームとして、圧倒的な存在感を示しています。さらに、ユーザーはBraveブラウザでBasic Attention Token (BAT)を獲得することができます。これは、ユーザーに自分のデータの完全な所有権を提供するものです。しかし、このプラットフォームは検索エンジンの投稿を後援しておらず、ユーザーはブラウザのウェブサイトでの活動から資本を得ます。

ユーザーは、Braveを通じて得られた収益の約70%が共有されるため、中央集権型取引所やMetaMaskなどのWeb3ウォレットを通じてBasic Attention Tokenを売却することを選択します。

ソーシャルメディアにおけるコンテンツ制作

Nonfungibleトークンは、世界中のユーザーの間で人気を集めています。潜在的な暗号投資家が、nonfungibleトークンのさまざまな投資家のウォレットアドレスを分析することができ、さまざまなソフトウェアが使用されています。さらに、ユーザーは複数のホワイトリストとミントの機会を享受することもできます。

また、ユーザーはフリーミントシステムを通じて、nonfungibleトークンを生成しています。しかし、新しいブロックチェーンのネットワークやプロトコルは、ネットワーク上でNFTを適用するのと同様に、多くのテストプロセスを必要とします。それにより、コミュニティにおけるネットワークの持続的な成長が保証されます。

Arbitrumのようなブロックチェーンネットワークの中には、トークンを保有せず、ユーザーはAirDropプロトコルを使用して世界中の複数のユーザーを集めているものもあります。エアドロップに基づく社会活動は、ユーザーが新しいブロックチェーンネットワークを利用するための知識を少しでも持っていれば、ユーザーが暗号通貨を獲得するための実現可能な方法となり得ます。

このため、ユーザーはAirDropを使用しながら、さまざまなソーシャルメディアアカウントをフォローし、宣伝することが求められます。さらに、ユーザーはMetaMaskのような分散型ウォレットを通じてソーシャルAirDropを受け取ることができます。

ベータテストとバグバウンティ

多くの暗号プロジェクトやプロトコルは、トークンの割合を定めています。これらのトークンは、コンテンツ作成、ベータテスト、バグ確認、マーケティング作業などに活用されます。さらに、エコシステムの投資家は、マーケティング資料、ブランドデザインの作成、テスト、監査、音楽やビデオなどのコンテンツ作成を通じてトークンを獲得することもできます。

暗号フォーセット

暗号通貨利回りアカウントは、アクティブな取引に関与できないユーザーのための選択肢でもある。これは、広告やビデオを見るなど、小さなタスクを完了する必要があります。しかし、それらを通じて獲得できる報酬は最小限ですが、人は時間とともにそれを蓄積し、自分の取引ポートフォリオに追加することができます。したがって、フォーセットを通して報酬を得るには、一貫した姿勢が必要です。

分散化

ユーザーが暗号を獲得し、取引プロファイルを構築するために採用したあらゆるアプローチにもかかわらず、分散化が主な原則です。それは、複数のフィールドでリスクを分散することによって、最大限の損失を回避するのに役立ちます。より幅広い資産や通貨に投資することで、最大の利益を得る可能性を高めることができます。

まとめ

多様な暗号取引プロファイルを作成することは、お金や時間をかけて取引することなく可能です。暗号資産やブロックチェーンネットワークとのやり取りには、銀行口座や不換紙幣が必要だというのは誤った思い込みです。暗号の愛好家は、この業界で最小限の努力で資本を得ることができます。しかし、ユーザーは予防措置を講じ、あらゆる活動を開始する前に取引のあらゆる側面を徹底的に調べることをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。